やまちーのブログ:(;゙゚'ω゚'):

大学生スロッターです(*´∀`*) 色々な事情が重なりホームレス状態に…。 そんな日々を記録していこうと思い、ブログを書き始めました。よろしくお願いします(*´∀`*)

ゼミ旅行!!シンガポールへ!!③

 

 

〜前回のあらすじ〜

 

シンガポールに到着するも

日本とは比べ物にならない程の

湿気が牙を剥く。

楽しみにしていたレストランでも

満足する料理に巡り会う事が出来ず

あの世にGOしてしまいそうになっていた。

 

 

 

こんばんはヽ(*^ω^*)ノやまちです

 

涼しくなってきましたね〜

僕にとっては過ごしやすい季節になりました(^-^)

 

本当によく夏を越えられたなと

自分でも感心しているくらいです(*^ω^*)

 

いつ家に戻れるかは決まっていません。

 

明日かもしれないし、これから先もこの生活が続いて行くかもしれないです。

 

でも戻るべき時が必ず来ると思っています。

 

その時までしっかり生きていこうと思います。

 

 

 

【ゼミ旅行!!シンガポールへ!!③】

 

後々、担当教員にシンガポールの食べ物の事を聞くと、ここではこの味が当たり前らしい(;_;)

 

よくよく考えてみればそうですよね…。

 

日本人の基準に作っている訳ないし

現地に住んでいる人にとっては

美味しい料理なんですよね…。

 

ご飯に関してはやはり

5日間ほぼ全ての料理に独特の甘さが

ある感じでしたd( ̄  ̄)

もし皆さんが海外に行く事があったら

頭の片隅にでも置いといて下さいd( ̄  ̄)

 

 

レストランを去り

ホテルに行く道中コンビニを発見!

そこにタバコ発見!

やっと吸える(⌒▽⌒)

 

 

そこで飛行機に乗る前に思い出した。

 

 

 

(´-`).。oO

5日間くらいタバコなんて

我慢出来るやろ(⌒▽⌒)

 

 

 

 

 

無理でした(⌒▽⌒)❤︎ 

f:id:hello1129:20170924223517j:image

 

 

 

 

 

先輩に聞いていた通り一箱千円

凄く高くてその上パッケージはこれ。

 

喫煙は目を悪くする(盲目になる)

 

と書いてあります。

 

海外のタバコのパッケージは

一つ一つ異なっています。

 

目の事を警告するパッケージもあれば

喉の事を警告するパッケージもあります。

 

私が見たのは

 

タバコを吸う事は生活を壊し、友達・恋人を無くし、その次に、お金と家族を奪い、最後に自分の命を奪う。

 

写真は撮らなかったのですが

これ見た時は流石に

このパッケージのタバコは吸えん(-.-)y-., o O

と思いましたね…。

 

まぁしかし1箱千円でも買ってしまう私。

 

いつになったら辞めれるんやろかと

プカプカしながらボーッとしてました。

 

 

ホテルに戻って部屋に入った時

 

 

寒っっ( ;´Д`)

 

 

皆さんもシンガポールに限らず

海外行く時覚えておいたほうが

いいかもしれません。

 

 

基本、室内のクーラーの寒さは

限界突破してます!!!

 

長袖必須ですね…!

 

 

 

寒さに体を震わせながら

その日は眠りにつくことにしました( ;´Д`)

 

 

 

 

                            次回最終回(*^ω^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゼミ旅行!シンガポールへ!!②

 

 

 

〜前回のあらすじ〜

 

飛行機の暇つぶしに機内のゲームを使い

時間を潰そうと試みるも

なかなか面白いゲームが見つからず

悪戦苦闘の時間が続く。

しかしそんな中、たまたま選んだ

サッカーゲームをプレイすると

バグが発生し

バレリーナの様に回り出す選手がいた。

サッカーではなく

バレエの才能を開花させるキッカケを

作った私はこれ以上プレイする訳もなく

電源を落とした。

 

 

 

【ゼミ旅行!シンガポールへ!!②】

 

 

ゲームに飽きた私は

普段の生活から愛用している

おそ松さんアイマスクを着用し

睡眠を取ることにしました。

 

 

台湾を経由し

1、2時間ほど休憩をして

再び出発。

 

やる事もなくクソ暇なので

とりあえず1番可愛いCAさんを呼んで

ビールを頼むことにし寝ることに決めました( ̄◇ ̄;)

 

 

 

眼が覚めると機内のアナウンスで

シンガポールに到着し離陸するとのこと。

 

 

飛行機が着陸の体勢に入り

下降

 

 

その時におちん◯んがヒューンとなって

 

楽しかった(*≧∀≦*)

 

 

 

シンガポールに到着し

 

飛行機から降り、空港から出た瞬間

 

 

ムワッッ( ˙-˙ )

 

 

とんでもない湿気で気が狂いそう( ̄◇ ̄;)

 

 

ぜんっっぜん日本と湿気がちがーう(´;ω;`)

 

アイロンで伸ばしていた髪の毛も

そのせいでくるっくるで

バレリーナ状態です…(´;ω;`)

 

 

ここで5日間も生活するのか…

気が遠くなる感じがしました(´;ω;`)

 

 

 

現地のガイドの人が

用意してくれたバスに乗り込み

予約してある

レストランへGO(*´Д`*)

ポケモンGO風に)

 

美味しいものが食べれる!!

美味しい食べ物をゲットしにいくのさ!!!

 

 

今はそこまで酷くは無いですが

車上生活を始めてからの事を

考えたらちゃんとしたご飯が食べられることに

ワクワクしていました(*´Д`*)

 

 

湿気は酷いものの

行き先までの

夜景は想像以上に綺麗で

少しテンションが上がったまま

レストランにとうちゃーく(*´Д`*)♡

 

 

なかなかお洒落な外観で

「ここは絶対美味しい(*´Д`*)」

 

かなり期待をしていました(*´Д`*)

 

 

席に着き、料理がどんどん並べられて

美味しそうな料理ばかり!!!

 

 

私は感動していました(*´Д`*)

 

 

早く食べたい!!早く食べたい!!

 

 

焦る気持ちを抑えて

いただきますの合図を待ちます。

 

 

先生が合掌し

「いただきます」

 

 

うまそー!(*´Д`*)うまそー(*´Д`*)!

やった食べれる!何から食べようかな!

 

チャーハンとか美味しそう!!

 

チャーハン食べよ(*´Д`*)!!!ウキウキ

 

 

チャーハンに手を伸ばし

待ち焦がれていたお口に運びます(*´Д`*)

 

 

 

 

 

 

米が……死んでる……!

f:id:hello1129:20170920221546j:image

 

 

 

日本の米じゃないので仕方ないが

 

ここまでとは…。

 

 

 

 

 

 

目の前に美味しそうなお肉がある。

 

食べてみる。

 

 

 

 

 

 

肉が……甘い……!!

f:id:hello1129:20170920221546j:image

 

 

 

 

まるでデザートじゃないか…。

なんだこのシナモンを大量にぶち込んだみたいな甘さは…。

 

 

それからはと言うものの

次から次へと出てくる料理は決まって

シナモンの味がした。

 

 

なんだこれは。

 

 

なにがレストランへGO(*´Д`*)だ…。

 

 

 

 

私はあと少しで

 

 

 

あの世にGO!してしまいそうになったのである…。

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                 つづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゼミ旅行!シンガポールへ!! 飛行機の中の暇つぶし方?

 

 

 

オッス!久しぶり!!

f:id:hello1129:20170919183148j:image

 

どこのAV男優さんですか?

 

 

 

 

改めまして皆さんこんばんわ(´∀`)

 

久々の更新であるのに

意識の低さが伺えるでしょう( ´ ▽ ` )

 

 

こんなに出だしの最悪なスタートは初めてです。

 

 

なぜこんなに更新が

長引いたかというと(毎度そうですが)

 

 

私、5日間シンガポールに行っておりました!!

f:id:hello1129:20170919184333j:image

 

私の在学する大学では4年に一度

ゼミ旅行というものがあります。

(ゼミというのは簡単に言えばクラスの事です)

 

行き先はゼミごとにバラバラで

日本国内へ旅行に行くゼミもあれば

私のように海外へ旅行に行くゼミもあります。

どちらかというと海外へ行くゼミの方が多いと思います。

 

私が聞いている限り、

中国、台湾、インドネシア、マレーシア、グアム、シンガポールなどの行き先のゼミもあるみたいです。

 

どれも楽しそうです(*^ω^*)💕

 

 

その中で私が所属する英語ゼミは

シンガポールへと旅立つ事になりました(*゚▽゚*)

 

そして海外へ行く事が初めてだった私は

去年旅行した先輩達からシンガポールとは

どういうところか。

というのをお聞きしたところ

 

 

シンガポールは罰金大国】である事です。

 

1ドル=約90円、1000ドル=約90,000円

 

・ガムの持ち込み禁止(最高1,000ドル)

 

・喫煙所以外で喫煙した場合(最高1,000ドル)

 

・横断歩道の無い所での横断(最高1,000ドル)

 

・公共トイレの水を流さず立ち去り(最高1,000ドル)

 

・唾や痰などを道路に吐く(最高1,000ドル)

 

・電車内での飲食(最高1,000ドル)

 

・22時〜7時までの屋外の飲酒禁止(1000ドル、禁固刑あり)

 f:id:hello1129:20170919201314j:image

一撃です…。

 

タバコと酒には本当に厳しいらしく

現地で買えばタバコは1箱1000するみたいです(´;ω;`)

「吸わないに越した事はない!」

そう先輩にも念を押されたので

5日間くらい我慢する事に決めました。

 

 

当日

 

私は同じゼミの仲間と

出発地である名古屋で前泊を

していたので焦る事なく

空港に到着する事ができました( ´ ▽ ` )

 

一緒に同行する

他のゼミの4.50人の生徒も到着し

私は日本で吸う最後のタバコを吸い終えましたが、まだ残り10本ほどあり、どうせシンガポールに持ち込む事もできないので

喫煙所にいるハゲたオッサンに残りのタバコを渡したらめちゃくちゃ喜んでいました。

 

 

日本に後ろ髪を

引かれるような気持ちで 

飛行機に乗り込み

いざ離陸( ´ ▽ ` )!!

 

あれよあれよと高くなり

窓から見える日本は本当に小さくて

日本すら見えなくなり気が付けば私は

f:id:hello1129:20170919205631j:image

 こんな所まで来ており

上から雲を見る事は初めてで感動しました(´;ω;`)

 

 

すげぇ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

すげぇすげぇ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

すげぇーーーーーーー(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

10分程興奮した私は

 

 

 

 

飽きた(・Д・)

 

 

どうやって時間潰そうかな〜

なんて考えていると

 

 

 

ムム(・Д・)

 

 

 

この前の席に付いている画面なに(・Д・)??

 

この肘置きの下にある

リモコンみたいなのなに(・Д・)??

 

 

 

ニャルホド(*⁰▿⁰*)

コントローラーじゃん(*⁰▿⁰*)

 

 

全てが繋がった私はすぐさま

画面を起動させコントローラーを取り出し

ゲームを選択する!!

 

 

これダァぁぁぁ!!と選んだゲームが

f:id:hello1129:20170919211047j:image

カーレースである!!

反対車線も走り放題で気の済むまで暴走すると

後ろからポリスが追いかけて来ます(*⁰▿⁰*)

ポリスから捕まらない様に逃げて逃げて

逃げまくって

捕まりました(*⁰▿⁰*)

 

あまり面白くなかったので

もう1つゲームを選択する事にしました。

 

これダァぁぁぁ!!と選んだゲームが

f:id:hello1129:20170919212714j:image

すこし見にくいですがサッカーですね!!

 

これはかなり面白そう!!

と期待して味方を駆使して

ボールを敵ゴールへ運びます!!

 

そしてトドメのシュートを決める!!

 

そう思った途端に

なぜかボールを持つ

選手の動きがおかしくなり

その選手は回転し始めました(・Д・)

 

やだなにこれ怖い(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

 

まるでバレリーナの如く

くるくると回り始めました!!!

 

コントローラーを離しても

回る事を辞めませんでした。

 

 

 

 

 

そう、私は気づいてしまったんです。

 

 

ホントはこの選手。

 

 

 

サッカーじゃなくて

バレエがしたかったんだ(*⁰▿⁰*)!!!

 

 

 

そう解釈して彼に

「頑張れ」の一言を

かけてあげてから

回る事を邪魔しないように

 

 

そっと電源落として

 

 

 

 

 

飽きた\\\\٩( 'ω' )و ////

 

 

 

 

 

 

 

続きは次回投稿で\\\\٩( 'ω' )و ////

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族(愛犬チョコ)の死から

 

 

 

こんにちは

今日は私の家族の一人である愛犬について書こうと思っています。

 

私が高校2年の終わりくらいの時期に我が家にゴールデンレトリバーがやってきました。名前はチョコです。

犬を飼った理由は母が家を出ていき(現在は違いますよ)少し寂しくなったというのと、おおもとの理由は弟が犬が欲しいと前々から言っていたからです。私も犬を通してまた、父と母と私が前のように繋がりを持てるキッカケになればと思ったので賛成した^_^

 

 

ペットショップに行き

いろんな子を見て回り

その子たちの中でも

人一倍ならぬ犬一倍に

元気にはしゃぎまわる子を発見

店員さんから

「抱っこしてみますか?」

との事。

 

ゴールデンレトリバーってこんなに小さいの??笑笑って思うくらい小さくて愛おしかった(;_;)

 

 

抱っこすると弟の頬を舌でペロリ。

これが決め手となりこの子を我が家の四男として迎え入れることにしました。

 

 

名前はどうしようか。

 

 

当時ゴールデンボンバーが流行っていた為

父が「ボンバー」でええんちゃうか?との事。

 

 

 

なめとんのか:(;゙゚'ω゚'):

 

 

 

もちろん「ボンバー」は却下。

 

 

私は簡単に決まるもんだと思ってましたが

なかなか決まらないものですm(__)m

悪戦苦闘の日々、犬を飼うと言った

張本人が

 

 

「チョコでええやん^_^」

 

 

お前簡単過ぎやろぶっ殺すぞ:(;゙゚'ω゚'):

 

別にチョコって名前を否定している訳では

無いのですが、いずれ大きくなる犬種ですし

それなら「ボンバー」の方がまだマシだと思えたのですが、なかなか決まらずゴールが見えなかった私達は…

 

 

 

採用:(;゙゚'ω゚'):

 

 

 

今日からこの子の名前は弟が適当に決めた

「チョコ」にて決定致しましたm(__)m

 

 

 

それから2.3ヶ月が経つと

あっという間に成犬の大きさにまでなって

男でないと散歩に行っても

ひきずりまわされてしまうまでになりました^_^笑笑

 

 

私達家族と母とは

別で暮らしていましたが

チョコがいる事によって

互いの家を行き来するようになり

今まで良くなかった家族の仲も

チョコのお陰で少し良くなった気がする。

 

 

しかし

家の中をあの巨体が駆け回り

「人がいる事なんて関係ないワン」

とでも言っているかのように

暴れ回るバカ犬。あの小さかった頃の

可愛らしさはどこへ行ったのやら^_^;

 

 

それでも可愛いものは可愛い

 

我が子ならぬ我が犬というのは

何をしていてもされても可愛い(*´ω`*)

 

 

散歩に行くと嬉しそうにはしゃぎ回り

嬉しさのあまり私を引きずりまわし

しまいにゃ私の膝は血だらけになっていた事も(*´ω`*)うふふ

 

バカ犬でもいいのだ(*´ω`*)

 

だって可愛いから(*´ω`*)

 

 

こいつと一緒に大人になって

色々な思い出を作っていくんだ^_^

 

 

嬉しい時も嫌な事があった時も

一緒に共有してきた。

 

もうチョコは私にとって可愛い弟だった。

 

そんなこんなで月日は流れ

私が家を出ていく日にチョコに話しかけた。

 

「しばらく会えへんけど、絶対に戻ってくるから家族を頼むぞ」

 

そう言って私は家を出た。

 

 

 

 

 

しかし、私がこの生活を始め

家を出た3日後。

 

 

 

 

 

チョコは死んでしまった。

 

 

 

 

 

死因は熱中症

 

 

 

まだ6月の初旬、さほど暑くもなく

過ごしやすい気候に間違いはなかった。

時間は昼過ぎくらいだったと思う。

 

その日は父と母でチョコと遊ぶ為に

いつもの海岸で砂浜を駆け回っていたそうだ。

 

しかし急にチョコは立ち上がれなくなって

何度立ち上がろうと思っていても

思うように立てず転げてしまい、戻してしまったらしい。

 

これをおかしいとおもった父と母は

病院に急いで連れて行き

獣医さんから告げられた言葉は

 

熱中症です。しかも重度の熱中症です。

生存率は50%でかなり危険な状態にあります。」

 

 

私は弟からの電話でその事を知った。

 

今かなり危険な状態にある事、

生存率は50%

 

 

その事を知った私は

「嘘やろ、嘘やろ」の無限ループ。

 

いきなり過ぎてうまく整理ができない。

 

熱中症で死ぬなんて冗談じゃない。

冗談にも程がある。

 

 

そして弟は話を続け

「今日の夕方が山場で

生きるか、死ぬかが決まる。

また夕方連絡するから待っといて。」

 

そう最後に私に告げ電話を切った。

 

 

四日市でバイト中だった私は仕事に戻り

その最中色んな事を考えた。

 

 

死ぬはずがない。だって俺の弟だから。

強くて元気があってそんなもの

吹き飛ばしてしまうだろう!!

 

あぁ!そうか!分かった!

普段スロットで50%を取ることが

出来ないのはこの為か/(^o^)\なぁんだ。

そういう事なら神様許してあげる。

 

 

そんな事を繰り返しひたすら

自分に言い聞かせる。

 

 

でも不安と恐怖で頭はいっぱいになり

そんなポジティブな考えは打ち砕かれ

一気に心境が入れ替わった。

 

凄く嫌な予感がした。

本当に嫌な予感がした。

 

 

そんな予感を感じてすぐ

私の携帯が鳴った。

 

 

弟からである。

さっき電話したばかりなのに

かけ直すのがはやいな。

もしかして言い忘れかな。。笑

 

 

「チョコが死んだから直ぐに戻って来い。

今から家に連れ帰るから」

 

 

 

頭が真っ白になった。

 

あまりにも早過ぎ、夕方って言ったのに。

 

 

でもとりあえず行かなくちゃ。

 

 

バイト先にこの事を伝え

帰らせてもらう事に。

 

 

バイト先を出て駅へ向かうのに

自然と駆け足になり、気が付けば

人目を気にせず走っていた。

 

 

電車に乗った。

まだ信じられない。死ぬはずがない。

だって俺の弟だから。

 

 

実家の最寄駅に到着し

疑いの気持ちのまま家に向かった。

 

 

だんだんと家が近づいてきて

足取りも重くなってきた。

 

 

到着し、玄関を開け、少し進むと

普段からチョコが好きだった場所に

眠っていた。

 

小さい頃から大好物だった

チーズとソーセージと骨を添えて。

その骨をチョコの顔に近づけても

何の反応もしない。

普段なら取り合いで喧嘩もする筈なのに。

 

 

 

線香が焚いてある。これじゃまるで

本当に死んでいるみたいじゃないか。

 

 

また頭が真っ白になる。

 

 

 

「チョコ、チョコ、チョコ!!!」と

何度も何度も呼びかけてもいつものように返事をしない。

 

それでも信じられない。

 

 

 

 

 

恐る恐るチョコに触ってみる。

とても冷たかった。

 

 

 

いつも暖かったチョコが

信じられない程に冷たかった。

 

 

 

やっと理解出来た。

 

 

 

 

チョコは死んでしまったんだ。と

 

 

 

 

涙が止まらない。

 

 

父も母も弟も兄もここにいて

普段から泣かないし

泣き顔も絶対に見られたくないのに

堪えても堪えても涙がボロボロ流れてくる。

 

 

 

早すぎる、まだ家に来て間もないのに

まだまだ色んなところへ行って

もっと楽しませてあげたかったのに

 

どうして私が家を出てすぐに

死んでしまったんだ。

 

 

約束はどこへいった。

家族を頼むと言ったのに。

 

 

こんな形でチョコと再会したくなかった。

 

 

その日の夜はチョコと隣で寝た。

 

 

時間が経つにつれ、身体がさらに冷たくなり

硬くなっていった。

 

色んな事を思い出したくなくても

思い出してしまう。

 

雨の日も風の日も散歩に行った事。

チョコの骨を取り合って本気で喧嘩した事。

私が履いたパンツや靴下が大好きで気が付けばボロボロにされて使えなくなってしまった事。

名前を呼ぶと嬉しそうに

私の元へ走ってくる姿。

 

 

もうそんな事も出来なくなってしまった。

 

 

私のこの生活に終わりが来て

1番喜びを体で表現してくれるのは

間違いなくチョコだった筈なのに。

 

 

泣き疲れて私は眠ってしまった。

 

 

 

 

 

朝になり、火葬場に行く為

最後のお別れをしなくてはならなかった。

 

チョコが好きだったものを集めて

そばに置いてあげた。

 

私の匂いのついている毛布を2枚

好きなものと合わせてチョコの下に敷き

チョコを包まなければなかった。

 

この毛布を包んでしまったら

もうチョコとは二度と会えなくなる。

早く包まなきゃいけないのに

なかなか包めなくて包みたくなくて

でも包むしかなくて

面と向かっての最後のお別れを言った。

 

「短い間だったけどありがとう。」

と言ってチョコの顔を包んだ。

 

 

車に乗せて火葬場に向かった。

 

 

 

チョコを運び、火葬場の人が指示する所に

チョコを置いた。

 

火葬場の人が「後は私達がするので任せてください。」との事。

 

 

「じゃあなチョコ」そう言って

チョコに背を向けて私は歩き出す。

 

 

いつもなら「置いていかないで」と

追いかけてくるのにそんな事もなくて

本当にさようならなんだな。と思った。

 

 

また夢で会えたらいいなぁ。

 

あれから

1度も会いに来てくれない(`・ω・´)

 

 

わたし嫌われてるのでしょうか笑笑

 

 

 

 

なぜこの事をブログに書こうと思ったのかは

自分でも分かりません。

なんかとても書きたくなったのです(*´-`)笑笑

 

 

こんなこと言いたくないけど

これを読んでくださってる読者様に

大切な家族またはペットは居ますか?

 

今回のチョコの死の原因は

間違いなく私達家族の知識不足です。

 

私達にとって6月初旬の涼しい気候でも

犬にとってはかなり暑く、海であったなら

太陽の光も反射し犬に当たり

地面と体の高さからも人とは違って近いです。

 

 

絶対に後悔しないように

愛情たっぷり注いであげてくださいね^_^

 

チョコがみている!

そう思って僕も必死に生きていきます!

 

 

なんか今日は変なブログになってしまいましたがこれでおしまいです(*´-`)

 

 

それでは皆様、ぐっない/(^o^)\

f:id:hello1129:20170905204656j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車上生活3カ月

 

お久しぶり٩( ᐛ )و

久しぶりすぎ、サボりすぎ

始めの意気込みはどこへ?そんな事はとっくに忘れていたやまちです٩( ᐛ )و

 

この生活を始めてから約3カ月が経ちまして、気候もだいぶ涼しくなってきてこの生活をする私にとっては本当に過ごしやすく、幸せさえ感じてしまう程です(´・ω・)

 

今も心地よい風が

運転席の窓の隙間から入り

私を優しく撫でるように通過し

助手席の窓へ通り抜けていきます。

 

「行かないで」

私が通り抜けていく風にそう言うと

すぐに運転席の窓へ入ってきて

また戻ってきての繰り返し。

まるで風と会話のキャッチボールを

しているみたい。

 

ビールを呑みながら

夏の終わりを知らせる風と共に

つまみは助手席の下にあった

賞味期限切れの納豆。

 

私はこの納豆を食べてお腹を壊しても

何の後悔もしないだろう。

 

 

何の話や(´・ω・)

 

 

やっぱりブログ書いてない期間が

空きすぎると書きたい事が沢山あるのに

あり過ぎて上手くまとめる事ができなくて

結果訳のわからん納豆の話をしだしてしまう_| ̄|○www

 

 

これは反省して次に活かそうと思っています。

 

コツコツ更新していくので

読者の皆さんも読んでくれたら嬉しいです٩( ᐛ )و

 

 

おそらくまだまだ終わらない

先の見えないこの生活になりそうですが

頑張って、自分を見失わずに

やっていきます。

 

 

とりあえず3ヶ月突破です♪───O(≧∇≦)O────♪

 

 

 

 

 

 

にゃ٩( ᐛ )و

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も平凡な1日が終わる(・ω・`)…と思ったが!!

 

 

こんばんは(*´ω`*)

ビールとポテイトチップスって最高に合いますね。

私の中のもう1人が問いかけます。

|( ̄3 ̄)|「よくビールに金が使えるな」

 

私は言い返します。

「やかましいわ、無い金ふりしぼっとんじゃい!」

 

それ程までに大事なんですよ…。

1日の終わりのビールっていうのはね…。

 

 

とりあえずタバコをプカプカします。

 

 

 

ふぅ( ´Д`)y━・~~

 

 

(夏の夜空にキラキラと輝きながら吐く息と共に煙が消えていく。そしてビールを呑みながら考える私)

 

 

 

 

帰りテェ( ´Д`)y━・~~

 

 

 

今日も1日歩いてばかりいた。

昼過ぎになって暑さもピークに達したと思う。

目の前に某大型店があったのでそこで少し休憩を取ることにした。

 

本当に涼しい。涼しくて気分がおかしくなってしまいそうだ。

f:id:hello1129:20170821232307j:image

店内に流れるBGM。子供を連れておもちゃを買いにきている家族。幸せそうな男女。

目が死んでいるホームレスらしき人。

 

 

 

……。

 

目が死んでいるホームレスらしき人Σ(゚д゚lll)

 

 

この幸せそうな雰囲気漂う中

絶望の雰囲気を醸し出す1人の男性がいた。

まるで殺意に満ちているような目にも見えた。

 

 

髪はボサボサで長く延び、真っ黒に日焼けした顔。髭もどれだけ放置していたか分からない程伸びており、手元には2ℓの水だけ。

 

 

声をかけたいと思った。

もしかしたら少しでも話を聞く事も出来るかもしれない。(共感したいだけ。)

 

 

でも、声をかけれなかった。

というよりかけれなかった。

 

 

だって見たら分かる。

 

私なんかより、絶対に遥かに色々な経験をしているだろうし、最悪な状況も経験している。それが今も尚、現在進行しているかもしれない。

 

そんな事を考えると

私なんかが声をかけれるはずが無いと思った。

 

今も思う。話しかけなくて良かった。

 

 

今日はなんだか少し胸が痛くなるような出来事があった(・ω・`)

 

ただ、祈る事しか出来ないけど

本当に頑張って欲しい_| ̄|○

 

 

きょうはここまで!

 

ぐなーい!!!\\\٩( 'ω' )و ////

 

 

 

 

 

 

 

 

墓参りに行きましたが、トラブル発生ʅ(◞‿◟)ʃ

 

お久しぶりです読者の皆様(^ω^)

毎日更新はさすがに心が折れそうだと思ったやまちです。。

 

 

皆さん夏休みはエンジョイしていますか?

 

私は相変わらず糞みたいな生活を送っています(笑)

 

 

話変わりますが皆さんお盆休みに墓参りいきましたか?

 

私は兄からメールが届くまで気づきませんでした。。(笑)

 

 

毎年私の家は家族揃って墓参りに行くのですが今年は私がこんな生活をしている為

寂しいですがやはり行かねばならぬと思い、一人で行くことに。。

 

 

とりあえず車を走らせ、線香を買い、ラジオを聴きながら目的地にいざ出発♪

ちょうどラジオでも墓参りのことを話していて

あぁ、めんどくさいと思ったけど行こうと決心して良かったと改めて思いましたね。

 

そんなこんなで目的地付近に来て細い道をぐるぐると通り抜けてやっとの事で到着しました。そこは父の故郷で昔からよく来ていました。

一人でくるなんて滅多になかったので少し新鮮な気分

 

 

線香に火をつけて、バケツに水を汲み、新しく買った花も用意した。

線香に火をつけていると、隣からおばちゃんが「若いのに一人で来てえらいねえ」と私に話しかけてくれた。またここで改めて来て良かったと思った。

 

自分のひい爺さんの墓に行き、夏の日差しで暑そうにしていたから先ほどバケツに汲んだ水をかけてやった。なんとなくだが少し喜んでいるように見えた。

古い花を新しい花に変えて、線香をあげてやった。

 

私のひい爺さんは戦争で太平洋沖で死んでしまったらしい。

「元気にしています。これからも家族を見守ってください。」的なことを心の中でつぶやいてその場所を去った。

 

 

私は来て良かったなと思った。

自己満足だろうがそれでいいと思ったし帰ろうと思った。

車の中がかなり暑かった。

早く車を走らせて風を通そうと思った。

エンジンをかけ車を発進させた。

 

 

 

ゴリッッ

 

 

 

嫌な音がした。

 

 

恐る恐るゴリッとした場所を見てみた。

 

 

 

 

 

 f:id:hello1129:20170819004906j:image

 

 

 

 

 ゴルァァァァァァ:(;゙゚'ω゚'):

クソジジイオラァァ:(;゙゚'ω゚'):

 

 

ひ孫が墓参りに来てやったのに帰ろうとしたらコレかコラァ:(;゙゚'ω゚')::(;゙゚'ω゚'):

 

 

 

来て良かった、そう思って帰ろうとした。

ただの自己満足で終わりたかった。

 

 

 

おい爺さんや٩(๑❛ᴗ❛๑)۶アンタは何が気に入らなかったんだい٩(๑❛ᴗ❛๑)۶??

 

 

このゴリッッという音に

その近くの家の人達がみんな出て来た。

 

「大丈夫かい??人間を引いてしまわなくて良かったじゃないか」

 

そう、私は下に置いてあるブロックでバンパーをやってしまったのだぁぁぁ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 

とりあえず外してみた٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

f:id:hello1129:20170819005752j:image

 

なんやこれ、ふざけた顔しとるのおワレ

 

 

 

外したバンパーはかなりの大きさである為座席を倒しても入りきらないので困ったと思った。

 

しかし持つべきものは友である。

その友に電話をして助けを求めたのでアール٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

タイラップ(結束バンド)を買って来てもらうように頼んで私は近くにある駄菓子屋に行きかき氷を食べながら待つ事にした。

 

 

私の事を心配してくれたおばあさんが

話しかけてくれてダラダラと世間話をしながらかき氷を食べた(^ ^)

 

ある意味、人の温かさに触れた良い機会であったかもしれない。

ひい爺さんはその為に…ʅ(◞‿◟)ʃふふ

やはり良い人である。

 

 

そんなこんなで友人が到着し

持って来てもらったタイラップで

応急処置をしてなんとかバンパーを繋ぐ事が出来た。

 

帰る時は迷惑をかけた周りの皆さんに

お詫びをしてたくさんの人が見送ってくれた٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 

人の優しさに触れた日であり

友の偉大さに気付けた日である。。